弁護士前園進也の近影
弁護士前園進也

障害者扶養共済に加入するオススメの年齢は34歳、39歳、33歳、44歳です。その理由を詳しく解説するので、ご覧になってください。

障害者扶養共済の掛金(月額)は加入年齢が若ければ安くなる

(心身)障害者扶養共済(しょうがい共済)の月々の掛金の金額は、次の表のとおりです(2019年4月1日現在)。

保護者の年齢掛け金の月額(1口)
35歳未満9,300円
35歳以上40歳未満11,400円
40歳以上45歳未満14,300円
45歳以上50歳未満17,300円
50歳以上55歳未満18,800円
55歳以上60歳未満20,700円
60歳以上65歳未満23,300円
(心身)障害者扶養共済の掛け金一覧

この表からもわかるように、加入する年齢が若ければ若いほど掛金は安くなり、年齢が上がるほど掛金が高くなります。その理由は、年齢が上がるほど、死亡や重度の障害を負うリスクが高まるからです。

そうなると、(心身)障害者扶養共済(しょうがい共済)に加入するのは、早ければ早いほどよいでしょうか? いいえ、そのようなことはありません。例えば、障害のある子どもの親御さんや保護者の方が支払う掛金の総額は、25歳で入るよりも、45歳で入る方が約30万円ほど安くなります。

掛金が免除されるための2つの条件

なぜこのようなことが起きるのでしょうか? それは、(心身)障害者扶養共済(しょうがい共済)の掛金免除の条件が関係します。

掛金免除の条件は、次の2つです。両方ともクリアすると、それ以降掛金を支払う必要がなくなります。

  1. 加入者の年齢が65歳
  2. 加入してから20年の経過

例えば、25歳で加入した場合、65歳という条件をクリアするためには、40年間掛金を支払う必要があります。

他方、45歳で加入する場合は、20年後の65歳のときに2つの条件をクリアすることになります。

つまり、25歳で加入すると免除の条件をクリアするまでの期間は、45歳に加入した場合の2倍の期間かかることになります。

しかし、月額の掛金は、25歳が9,300円で、45歳が17,300円と2倍未満なので、トータルの金額は25歳で加入する方が高くなります。

(心身)障害者扶養共済(しょうがい共済)に加入するオススメの年齢

下の表は、加入年齢ごとの月額掛金と、支払う掛金の総額を一覧表にまとめたものです。

44歳までに加入した場合は、65歳から加入年齢を引いた年数が掛金を支払う年数になります。45歳から64歳までに加入した場合は、掛金を支払う年数は一律20年となります。

年齢掛金(月額)総支払額
25¥9,300¥4,464,000
26¥9,300¥4,352,400
27¥9,300¥4,240,800
28¥9,300¥4,129,200
29¥9,300¥4,017,600
30¥9,300¥3,906,000
31¥9,300¥3,794,400
32¥9,300¥3,682,800
33¥9,300¥3,571,200
34¥9,300¥3,459,600
35¥11,400¥4,104,000
36¥11,400¥3,967,200
37¥11,400¥3,830,400
38¥11,400¥3,693,600
39¥11,400¥3,556,800
40¥14,300¥4,290,000
41¥14,300¥4,118,400
42¥14,300¥3,946,800
43¥14,300¥3,775,200
44¥14,300¥3,603,600
45¥17,300¥4,152,000
46¥17,300¥4,152,000
47¥17,300¥4,152,000
48¥17,300¥4,152,000
49¥17,300¥4,152,000
50¥18,800¥4,512,000
51¥18,800¥4,512,000
52¥18,800¥4,512,000
53¥18,800¥4,512,000
54¥18,800¥4,512,000
55¥20,700¥4,968,000
56¥20,700¥4,968,000
57¥20,700¥4,968,000
58¥20,700¥4,968,000
59¥20,700¥4,968,000
60¥23,300¥5,592,000
61¥23,300¥5,592,000
62¥23,300¥5,592,000
63¥23,300¥5,592,000
64¥23,300¥5,592,000
加入年齢別の掛金総額の一覧

この表からもわかるように、34歳に加入すると一番お得ということがわかります。2番目は39歳で、3番目が33歳です。なお、4位は44歳です。

ですので、(心身)障害者扶養共済(しょうがい共済)に加入したいと思っても、少し待つことで掛金の総額が安くなることもありますので、焦って加入しない方がいいです。

注意

加入する際に気をつけないといけないのが、35歳、40歳、45歳に加入してしまうと、34歳、39歳、44歳に加入しときよりも50万円以上増額してしまいます。2口入る場合は100万円以上増額することになります。

(心身)障害者扶養共済(しょうがい共済)の加入の手続きは、数か月はかかりますので、34歳、39歳、44歳で加入する際には、34歳、39歳、44歳になった次の4月から加入の準備を始めて、夏ぐらいまでに加入申し込みをした方が安全です。

まとめ

以上の解説をまとめると、(心身)障害者扶養共済(しょうがい共済)は、

  1. 34歳
  2. 39歳
  3. 33歳

に加入すると、他の年齢で加入するよりもお得になります。

ただし、35歳、40歳、45歳に加入すると50万円以上も掛金総額が増えるのでご注意ください。

(心身)障害者扶養共済のメリット・デメリットを知りたい方は、「心身障害者扶養共済制度のメリット・デメリット」をご覧ください。