杉山登志郎『発達障害の子どもたち』

発達障害の子どもたち (講談社現代新書)

概要

精神科医である著者は,以下のような意見を発達障害を子どもを抱える家族から聞くことが多い。

  • 発達障害は一生治らないし,治療方法はない
  • 発達障害児も普通の教育を受けるほうが幸福であり,また発達にも良い影響がある
  • 通常学級から特殊学級(特別支援教室)に変わることができるが,その逆はできない
  • 養護学校(特別支援学校)に一度入れば,通常の学校には戻れない
  • 通常学級の中で周りの子どもたちから助けられながら生活することは,本人にも良い影響がある
  • 発達障害児が不登校になったときは一般の不登校と同じに扱い登校刺激はしないほうが良い
  • 養護学校卒業というキャリアは,就労に関しては著しく不利に働く
  • 通常の高校や大学に進学できれば成人後の社会生活はより良好になる
  • 発達障害は病気だから,医療機関に行かないと治療できない
  • 病院に行き,言語療法,作業療法などを受けることは発達を非常に促進する
  • なるべく早く集団に入れて普通の子どもに接するほうがよく発達する
  • 偏食で死ぬ人はいないから偏食は特に矯正しなくても良い
  • 幼児期から子どもの自主性を重んじることが子どもの発達をより促進する

そこで,著者は,これらの意見が一般的に誤っていることを,さまざまな症例を挙げて丁寧に説明する。

感想

発達障害についてほとんど知識がなかったので,必要に迫られて読んでみた。著者の見解が医学的にどこまで正しいのかは門外漢の私にはわからない。それでも,非常に興味深い内容―特に自閉症児の体験世界―であり,発達障害についての概観できたので,役に立った。

本書を読んで気になったのが,青年期になるまで治療教育が施されなかった発達障害を抱える少年たちに対しても,治療教育がどれだけ効果があるのかという点である。弁護士という仕事を通して出会う少年は,中学校の高学年以上であることが多いので,この点が気になった。

たった一冊の発達障害の入門書を読んだだけにすぎないが,社会内処遇は必ずしも少年を鑑別所や少年院に送ることより,少年本人にとって良いとは限らないのではないかと思った。成人の刑事弁護だと,どうしても一日でも早い身柄拘束からの解放が重視されるけれど,少年事件の場合には成人の事件とは同じように考えてはいけないのではないか。少年事件の弁護人や付添人としての活動を通して,この疑問の答えを見つけいけたらと思う。

最後に,司法修習生のときに,少年事件の社会記録を見る機会や,児童養護施設の見学する機会があった。本書を一度でも通読していたら,より充実した修習を過ごせていたかもしれないと思うと残念だ。

弁護士前園進也の近影

弁護士(アーネスト法律事務所所属)
離婚家庭・再婚家庭の子どもとして、夫婦や家族の問題について情報発信をしています。