面会交流

公園で面会交流

離れて暮らす子どもに会いたい方へ。夫婦関係はダメになっても,親子関係は終わりません。離れて暮らしていても,あなたが大切に思っていることを子どもに伝えてあげてください。
子どもとの会いたいと思っている方は,まず,私たちにご相談ください。

面会交流の基礎知識

面会交流とは,子どもを監護(一緒に暮らして子どもの世話を見ること)していない親(非監護親)が,子どもと直接会ったり,または手紙やメールなどで間接的に交流をすることを言います。まだ離婚が成立していなくて別居中であっても,子どもと別々に暮らしている親であれば認められます。

面会交流の方法・回数などは,子どもを監護している親(監護親)と非監護親との間の話し合いで自由に決めることができます。しかし,離婚や別居に至っていることから両者の間の感情的対立が激化していることが多いので,一般的には監護親と非監護親の自主的な話し合いで決めることはあまり多くありません。

自主的な話し合いで決まらない場合には,家庭裁判所に面会交流の調停を申し立てましょう。裁判官や調停委員という公正中立な第三者を交えて話し合うことで,面会交流が実現することもあります。

調停でもまとまらない場合には,審判手続に移行します。そして,最終的には面会交流の有無,回数,方法などを裁判官(審判官)に決めてもらいます。

子どもの健全な発達のためには,非監護親と子どもの面会交流は不可欠であると一般的には考えられています。したがって,非監護親と子どもを会わせることが子どもにとって害になるという場合以外には,面会交流は認められます。しかし,例えば,非監護親が子どもを虐待していた場合や,非監護親による子どもの奪取の危険性がある場合には,面会交流が認められないこともありますのでご注意ください。

面会交流は父母の信頼関係の回復が一番大切!

基礎知識の最後にも書きましたが,現在の家庭裁判所は,面会交流が子どもにとってよくないという例外的な場合を除いて,面会交流をすべきであると考えています。したがって,父母の間で面会交流の話し合いがまとまらず,審判になった場合,面会交流を命じる審判が下される可能性は大です。また,調停や審判の最中に,面会交流をするように勧めてきます。

この家庭裁判所の運用には批判があります。しかし,この運用がすぐに変わるとは思えないので,この運用を前提に調停や審判を進めていかなければなりません。もっとも,家庭裁判所が面会交流を推し進める運用であったとしても,家庭裁判所が無理矢理子どもを非監護親に会わせてくれるわけではありません。子どもが小さい場合には,監護親が面会交流に協力的であるかどうかが面会交流の成否を決めると言っても過言ではありません。

しかし,父母が話し合っても面会交流の取り決めがなされずに,実際に子どもに会えないということは,父母の信頼関係は崩れて,相互不信の状態になっていると考えられます。このような相互不信の状態で,ただ「子どもに会わせろ」と強く求めても,相手は更に意固地になるだけです。つまり,実際に子どもに会うためには,父母の信頼関係を回復することが大切ですし,最優先に取り組む必要があります。

別居や離婚に至った理由について,子どもを連れて行った相手が一方的に悪い場合,こちらから歩み寄るのに抵抗があるのはわかります。しかし,離婚をしたとしても子どもにとって父も母も大切な存在で,できるだけ仲良くしてもらいたいものです。将来,子どもの結婚式で,離婚した父母が親族席に一緒に座れる程度に信頼関係が回復できるようになれば理想的だと私たちは考えます(子どもの立場からすれば,結婚式に片親を呼べない,または別々の席に座らせなければならないというのは嫌なものです)。このような信頼関係は一朝一夕ではできません。しかし,どこかで父母の歩み寄りを始めなければ,理想的な信頼関係に近づけるはずがありません。私たちがサポートしますので,歩み寄りの第一歩を踏み出しませんか?

よくある質問

面会交流は,取り決めがなされるまでできませんか??
面会交流は,頻度や時間などの取り決めがなされなくても,子どもを面倒見ている監護親の協力があれば,会うことができます。家庭裁判所の中や法律事務所でもらえることがあります。
子どもを会わせてもいいけれど,相手と会いたくない場合にはどうすればいいですか?
祖父母などの親族や共通の友人が協力してもらえるようであれば,子どもの引渡しを代わりにしてもらうという方法があります。協力してもらえる親族や友人がいない場合には,私たち代理人が代わりにすることもあります。また,面会交流を支援してくれる第三者機関を利用するという方法もあります。
面会交流は,直接会わせる以外の方法はありますか?
「面会交流」という言葉の「面会」は直接会うことを意味します。一方,「交流」には手紙や電話,メールなどを使ったり,子どもの面倒を見ている監護親から子どもの様子を写した写真やビデオを見せてもらったりするなどを意味します。これらすべて含めて面会交流といいます。
泊まりの面会交流はできますか?
子どもが泊まりたいと言っていて,かつ,学校などに支障がなければ,泊まりでの面会交流もできます。ただし,父母の信頼関係がある程度回復していないと,子どもの面倒を見ている監護親は泊まりの面会交流は渋ると思います。
面会交流の回数・時間はどれぐらいが普通ですか?
父母の間で合意できれば,週1回以上や終日という取り決めにすることは自由です。ただし,父母の間で話し合いがまとまらないと,月に1回,1回あたり数時間というのが一般的です。
試行的面会交流とはなんですか?
試行的面会交流とは,子どもと離れて暮らしている非監護親を裁判所の中にある児童室で会わせて,その交流の様子を隣の部屋でバックミラーを通じて観察したうえで,今後も面会交流が続けることができるように調整することをいいます。1回あたりの回数は15分から30分程度で短いです。
祖父母や兄弟姉妹の面会交流は認められますか?
子どもの面倒を見ている監護親のOKすれば大丈夫です。ただし,面会交流は親であることに基づくものですので,祖父母や兄弟姉妹が面会交流を裁判所に求めても,認められません。
今まで子どものことを考えて面会交流に協力していました。しかし,いろいろ事情があって,面会交流を減らしたり(なくしたい)のですが,どうすればよいですか?
面会交流の取り決めをしたからといって,子どもが大人になるまで,その取り決めに縛られることはありません。面会交流の回数を減らしたい(または,なくしたい)ときには,調停の申立をして再度話し合いをすることができます。話し合いがまとまらなくても,事情によっては裁判所が面会交流を制限する審判を出すでしょう。
再婚をしました。子どもは再婚相手を親だと思っている。自分たちの新しい生活をかき乱してほしくない。面会交流を拒否できますか?
現在の家庭裁判所は,再婚をしたからといって面会交流をさせなくていいという判断しません。子どもが別居している親のことを覚えていないとか,再婚相手と子どもの関係がまだ不安定などの事情がないと難しいと思います。

弁護士費用

当事務所に面会交流についてのみ依頼する場合の弁護士費用(税込)は,次のとおりです。なお,面会交流について不利な事情がある場合には,弁護士費用は高くなります。

着手金 報酬金
324,000円〜540,000円 324,000円〜540,000円

なお,法テラスの民事法律扶助を利用する場合には,法テラス独自の基準によって決まりますので,この表とは異なります。

著者プロフィール

前園 進也
前園 進也弁護士
アーネスト法律事務所
離婚家庭・再婚家庭の子どもとして、夫婦や家族の問題について情報発信をしています。